脱毛 自宅

自宅で脱毛するならケノンがおすすめ!

自宅で脱毛するなら「ケノン」がオススメ! 日本人のために開発された日本製の脱毛器で安心。とても使いやすく、脱毛器の売れ筋ランキングでずっと1位をキープしています。

 

自宅で脱毛

自宅で自分で脱毛するとき、どうやっていますか? カミソリや毛抜き・・・っていう人が多いでしょうか。いえいえ、それはダメです。お肌の黒ずみや毛穴のぼつぼつなどトラブルの原因になってしまいます。

 

自宅で脱毛するなら「ケノン」がオススメです。ケノンは楽天の脱毛器の売れ筋ランキングでずっと1位をキープしている販売実績。愛用者多数なのです。

 

使った人の意見、ちょこっと見てみると、「皮膚科のレーザー脱毛と違って痛みも少ないし、照射範囲が広いから、自分でやっても時間がかからずスピーディーに出来ちゃう。ひじ下くらいなら数分で終わります。」とか、「使用後数日で自然と毛が抜ける感じはエステと全く変わらないです。」とか、満足度の高い脱毛器ケノン。日本人のために開発された日本製の機器だというところも安心感ありますよね。1ショット0.15円で、自分で全身脱毛し放題。業界トップレベルの低コストかつ、脱毛だけでなく美顔器としても使えてしまう優れもの。しかも連射モードがあるので、例えばシングルショット、トリプルショット、さらにセクスタプルショット(6連射!)など使い分けられます。お肌に優しくそれでいてパワフルな6連射や、素早く脱毛したい時には強力なシングルショット、というように、家族内でも使い分けたりできそうですね。

カミソリ、毛抜き、脱毛テープ、除毛クリームのデメリット

自宅でムダ毛処理するデメリットは、肌への負担、痛み、仕上がりのイマイチさなどいろいろ。特にカミソリ、毛抜きは厳禁ですよ。

 

カミソリと毛抜きで脱毛

自宅脱毛はお手軽ですよね。自分で好きなときに出来ますし、恥ずかしいところを人目にさらすこともありません。でも自宅での脱毛、オススメできません。特にカミソリ、毛抜きでの処理は厳禁です。何故かというと、カミソリなどで処理したときは、すぐにきれいになったように見えます。でも、お肌には多大なダメージを与えているのです。

 

カミソリはあくまでも表面上に出ている毛をカットしているだけ。毛根は残っているのですぐに生えてきてしまいます。しかも生えはじめはチクチクしますし、見せられたものではありませんよね。また、カミソリでの処理は肌が黒ずんでしまう原因にも! カミソリの刺激はそれほど強いのです。

 

毛抜きは毛をつまんで引っこ抜くため、毛根から抜ける場合もあります。そのためカミソリよりは毛が生えてくるのは遅いですが、毛根を死滅させていない以上やっぱり生えてきてしまいます。最大のデメリットは毛を引っ張る時に毛穴が広がってしまうこと。ワキの肌の表面がぼつぼつになっている人、多いのではないでしょうか。

 

脱毛テープも同様に毛をひっぱるため毛穴がぶつぶつになってしまうことも。何より痛いのでつらいですよね。また除毛クリームは肌が敏感な人や弱い人にとっては刺激が強すぎてしまいます。ニオイがキツイのも使いづらいところです。もちろん敏感肌用のクリームやニオイを緩和しているものも市販されていますが、結局は毛が再び生えてきてしまう点ではカミソリなどと同じです。それから仕上がりがイマヒトツというのもデメリットですね。エステやクリニックでやってもらいたい気持ちはヤマヤマですが、やっぱりけっこうな費用がかかってしまいますので、「ケノン」などの家庭用脱毛器が人気なんですね。

 

▲ページのトップへ戻る

エステ脱毛なら…、TBCが永久!

線路から見えるTBCのビル

やっぱり気になるのがエステ脱毛。自宅で自分でやるのは、結局、永久脱毛ではありませんので、生えてきたら、また処理しなければならないわけです。その点、エステ脱毛をしてしまえば、自己処理いらずの肌に! ただし、一つ注意が必要なのが、エステ脱毛は本当は永久脱毛ではないということ。半永久といったほうがより正確ですね。そんな中、唯一、永久脱毛ができるのがエステティックサロンTBC。

※ 「TBC 脱毛」の体験談はこちらを参照

 

ここがなぜ、永久かというと、美容電気脱毛をやっているからなんです。他のサロンなんかは光やフラッシュ脱毛という方法で、これはあくまで毛を減らしているという解釈。ですので、せっかく高いお金を払ってやるなら、永久がいいと思いませんか?

 

このあたり、ちょっとわかりづらい部分も多いと思うおので、上記のTBC体験談を参考にしてください。実際に、通っている人の口コミが掲載されていますので、自宅でやるのがいいか、TBCみたいなエステでやるのがいいのか判断材料になるはずです。

 

▲ページのトップへ戻る


このページの先頭へ戻る